まちづくりPRネット

地方創生DX推進に貢献するブログです。

就農

地方創生を実現に導く主要なキーワードは、アグリカルチャー。こと、おかやま農業女子プロジェクト !!

ブログネタ
地方創生 に参加中!
強い農業を確かなものにするプロジェクトのページ

備前岡山京橋朝市に学ぶ ブランディング
『 農林水産省 農業女子プロジェクト

地方創生の掛け声の下、あまねく都市間競争の激化を痛感する昨今。チャンスはアグリカルチャーに紛れて訪れた。なかんずく、岡山県における農業は、もんげー重要。


この先マーケットを支配するのは、いな、既に。国内マーケットに多大な影響を及ぼしているのが◯◯女子の皆さまで、鉄子さん、戦国乙女、肉食女子、カメラ女子。森ガール、山ガール、釣女に、リケジョ(理系女子)。そうして、“ 輝く農女新聞 ” ときたもんだ(^v^)。

なるほどチャンスはカラフルな、ハイゼットトラックに乗ってやって来る!



おかやま農業女子プロジェクト

はてさて、地方創生がもたらす都市間競争において、地方都市の健やかな常勝を担保する産業は、私は農業だと睨んでいます。女性がこぞって就農くださる地域なら、“ 消滅可能性都市 ” とは縁遠くなるばかりか、グルメやファッション、ビューティーにリゾート。サービス産業も高度に発達し、当該地域は豊かに健やかに成長するものと私は考えます。


上記の記事では岡山市東区の “ めぐみ農園 ” さんが紹介されており、新規就農や、観光農園のロールモデルとして注目。微力ながら私も、応援シェアします!

※ 女性ならではの視点とアイデアで、6次産業化も万事オーライ☆彡



過去最多! 岡山で農業を始める

もちろん男子も頑張る。KSB瀬戸内海放送さんのニュースでは、神奈川県から岡山県へ移住して来られたご夫妻が紹介されており、なるほど新規就農の可能性は拡がる様相。そこでは農林水産省による、青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るための給付金。就農前の研修期間(2年以内)および、経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金 “ 青年就農給付金 ” が紹介されており、これまた就農のための貴重な情報。

今しばらく注目されるのは、農協法改正案、来週以降に採決先送り 自民対応に維新反発など、農業界再編のゆくえ。いづれにせよヤル気のある農業事業者様には、追い風が吹く模様。微力ながら “ 吉備ひかり農園 ” さんを密かに応援シェアいたします !!

この先、もんげー農業が面白い。私も、参入しています ヽ(^。^)ノ

[ YouTube KSB瀬戸内海放送 公式チャンネルさんよりシェアしたニュース動画 ]

以上、地方創生に努める地域の、農業PJのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま農業女子PJ > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

クラウドファンディング for スタートアップ & まちづくり.

自立すべき “ まちづくり ” 考のページ

おかやま未来フェンスプロジェクト
OKAYAMA FUTURE FENCE PROJECT

先週 いきなり思い立ち、“ せとうちアグリビジネスコンテンスト 2012 ” にエントリー。主軸に据えたテーマは、クラウドファンディング

ビジネスモデルは極めてシンプルで、就農(スタートアップ)を志す人々を対象にした、Web上のファンドレイジングを支援するソリューションビジネス。 地域において就農を試みる人々の生活(収入)を安定させるには、農林水産品を活用した加工品ビジネスが重要で、商品開発からプロモーションに至るクリエイティブ過程をデジタルコンテンツに仕上げ、クラウドファンディング・プラットフォームを活用することで資金調達をしましょう。という内容。

マネタイズ部分は、クラウドファンディング支援に際する(成功)報酬および、就農(スタートアップ)支援意識の高い地方自治体に向け、地域のスタートアップを活性化する為の自主運営型ソーシャルメディア構築ノウハウを提供することで得るディレクションフィー。

その際、動く試作品として掲示したのは、Facebookページ〔 https://www.facebook.com/recipe.momo 〕および〔 https://www.facebook.com/I.Love.OKAYAMA 〕、ブログ〔 http://www.sunverdir.com/ 〕、YouTube〔 http://www.youtube.com/SunVerdir 〕ほか複数。

折しも先日、JR岡山駅の南側で開発が進むイオンモール岡山(仮称)開発現場のアート(工事)フェンスに記された「おかやま未来フェンスプロジェクト」を拝見し、まちづくりは都会の大資本だけに任せてはイケナイ。と直感。 Webリテラシーを磨けば個人でも資金調達ができる、“ レディーフォー ” や “ キャンプファイヤー ” 等のクラウドファンディングを利活用し、岡山発の案件を続々エントリーしなくては、と感じたり。 ボクの起業は、せとうちアグリビジネスコンテンスト 大賞受賞(50万円ゲット)できたら…と、ハードルは高いわけですが、頑張ります (^_^;)


[ YouTube WLSJ TV さんのChannel より配信されている動画 ]

以上、まちづくりの為のクラウドファンディング提案になれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > クラウドファンディング > リンク
Copyright (C) 2008-2012 Town-PR. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    このブログの記事を検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ