まちづくりPRネット

地方創生DX推進に貢献するブログです。

フューチャーセッション

まちづくりとは、未来を創ること。 名著『フューチャー・デザイン 〜 七代先を見据えた社会 〜』に直感しました.人

ブログネタ
地方創生 に参加中!
将来世代のための街づくり考のページ

フューチャー・デザイン 〜 七代先を見据えた社会 〜
将来省をデザインするという考え方 』

地方創生の掛け声の下、あまねく都市間競争の激化を痛感する昨今。七代先を見据えた社会『フューチャー・デザイン』西條辰義 氏(編著)は、あまりに素晴らしい。

菅野の街づくりに対する想いは震えるほど同著に重なりました(嬉)。

従い、ご紹介せずにいられません。さて、本書のはしがきは、映画『Wood Job!』から始まる。三重の山村に就職した若者の、一本80万円の木を切り出したら億万長者じゃないか…。それに対し親方たちは「先祖が植えたもん全部売ったら、次の世代、その次の世代はどうするんや。わしらの仕事の結果が出るのは俺らが死んだあとや」と若者を諭す。

--- 同書のはしがき。引用ここから
実は「この山みんな切り出したら億万長者」をサポートしてきたのが、市場制と民主制であると共に大儲けを自然と考えてしまうヒトの特質である。市場制は人々の短期的な欲望を実現する非常に優秀な仕組みではあるものの、将来世代を考慮に入れて資源配分をする仕組みではない。一方、市場制を補うはずの民主制も現在生きている人々の利益を実現する仕組みであり、将来世代を取り込む仕組みではない。良心的な政治家もいるものの、代議制で選ばれた人々の最大の関心は、自己が次の選挙で当選することであり、将来世代を考慮に入れて今行動することではない。さらには、ヒトそのものも自己の生存確率を高めるために、過去のいやなことは忘れ、今の快楽を追い求め、将来を楽観的に考えるように進化した可能性が大である。市場制、民主制、ヒトの楽観性の三つの要素で「この山みんな切り出したら億万長者」を目指した、ないしは目指している時期が二〇世紀から今世紀にかけてではなかろうか。いわば、将来世代の様々な資源を惜しみなく奪っているのが現世代である。
--- 同書のはしがき。引用ここまで


七代先を見据えた社会『フューチャー・デザイン』西條辰義氏(編著)すっ…素晴らしい。菅野の街づくりの思想が、おそろしいと感ずるほど同著に重なる。本書のはしがきは映画『Wood Job!』から始まる。三重の山村に就職した若者の、一本80万円...

Posted by 菅野 敦也 on 2015年7月1日


ハコモノより、未来へ!” “ 鉄モノより、子供たちへ!! ” そうやって考えるとき、まちづくりとは、あらためて未来を創ることなのだと痛感し、次の世代に投資する社会づくりに精励しようと気概あらたに引き締める只今。地域の健やかな未来のために頑張ります☆彡

以上、地方創生に努める皆様の、某かの糧になれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > フューチャー・デザイン > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

What's フューチャーセッション? 市民の想いが未来を創る。

おかやま都市ビジョン考察のページ

おかやま都市ビジョン研究会 設立総会
フューチャーセッション in 岡山

2014年5月22日(木)。Facebook フレンドが招待してくれた “ フューチャーセッション in 岡山 @ キックオフ ” にピクンと反応し、忽ち参加をクリック。株式会社フューチャーセッションズさんの Our Vision に記されている通りフューチャーセッションは、よりよい社会の実現に向けて、企業、政府・自治体、NPO・市民のそれぞれが連携し、新たな社会システムへの進化を促す場――。

正に今、スタートアップを目論む “ 岡山市のグランドデザイン ” 創りに臨み、珠玉の教示を様々持ち帰ることに成功。感謝の念に堪えません。

ありがとうございました m(__)m


[ Future Sessions Inc. さんのWebサイトで配信されているプレゼン動画 ]


おかやま都市ビジョン研究会

そうして2014年5月25日(日)はピュアリティまきびにて、樋渡啓祐武雄市長をゲストスピーカーにお迎えした “ おかやま都市ビジョン研究会 設立総会 ” に参加。

ご参考 : 著書『 沸騰! 図書館 』『 首長パンチ 』 対談 : 高井たかし

その基調講演は濃密で、この先、未来の街づくりにワクワク感を与えてくれる話題が続々。福祉を支えるには税収増が必要で、儲かる自治体(武雄市)を目指すネットショップ “ 武雄 satisfaction guaranteed ” 立ち上げのオモシロ話や、市役所の改革をはじめた当時は(定年含む)33% もの職員さんが辞めたというヤル気に相関する興味深いお話。代官山 蔦屋書店の店内構成を TTP(徹底的にパクる)した強かな “ 武雄市図書館 ” 構想から実現の逸話や、明治5年以降 引き継がれてきた黒板学習スタイルを変革するかもしれない花まる学習会との官民一体型の協業は圧巻。「月曜日が待ち遠しくなる、子供たちが世界一行きたいと思う小学校を作る」という樋渡武雄市長の言葉には、ズシンと魂に響くものがありました。

日本は教育立国でいくしかないでしょう――。は、がばい印象深かった…。 新しい概念や考え方をどんどん採り入れて、新しい世代のための健やかな街づくりに努めていかなくてはいけないな…。そんなクリエイティブな思考が湧き上がる、本当にステキな基調講演を共有することができました。あらためまして皆さま、ありがとうございました !!

“ ご参考 花まる学習会

[ 花まる学習会さんのWebサイトで配信されているプレゼン動画 ]

以上、あなたの街の都市ビジョン創りのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > イベント > おかやま都市ビジョン > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    このブログの記事を検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ