まちづくりPRネット

地方創生DX推進に貢献するブログです。

まちづくり

全国 地撮りデー 2012.8.15 ☆彡 地撮り岡山 PR

ソーシャル観光プロモーション 試みのページ

農マルさん直市場 岡山店
地撮り。という新しい地域おこし

2012年8月25日〔土〕。 今日はソーシャルメディアの使い手が、地域の魅力を一斉に発信する、全国 地撮りデー。 ステキな画像は続々アップされ ⇒ Stagramaker 地撮り岡山

もぅ、すごい凄い ヾ(*´∀`*)ノ ボクも早速、的外れの画像をエントリー。 岡山市内を走りはじめた BDF(バイオ・ディーゼル燃料)路線バスとか、おやじギャグ 地鶏 岡山とか…(^^ゞ 楽しみながら地域を紹介し、まちを活性化できるなら、参加しない手はありません。

ちょっくら奉還町商店街まで走ってきます。 ピュ〜( ^∀^)

[ TwitCasting - bluesman7777さんチャネル配信のライブ映像 ]

以上、ソーシャルメディアによる観光PR のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 中心市街地イベント > 地撮りデー > リンク
Copyright (C) 2008-2012 Town-PR. All Rights Reserved.

『 スペンド・シフト 』 新たな時代の街づくりの為に。

希望をもたらす、まちづくり未来考のページ

スペンド・シフト 〈希望〉をもたらす消費
次代の市場を知り、街を興すこと

皆さま。 2012年の新春を健やかに迎えられたことと心よりお慶びいたします。 本年も何卒よろしくお願い申し上げます m(__)m

と、年始早々。ステキな著本に触れることができましたので、シェアしたいと存じます。 『 スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ―

ザックリどのような本か。読了により得られる(と思しき)利点からレポートするなら、既に確認されている米国の消費行動の変遷を理解することで、来たるべくスマートな近未来に予め備えることが可能となり、未来に向けたステキな社会(地域)を再構築できるようになるのでは ? というビッグなお年玉のような翻訳書。

そもそも村おこし、町づくりの目的は、街に住人が集い、街に魅せられた人々が来訪し、地域は賑わい、活力あるコミュニティが構築されること。地方は活性化され、やがては国全体が活気づき、健やかな教育が実現されて次代を担う若者の未来への希望は沸き起こる。 と、それらの起点になるものは、街の魅力。

どうすれば街の魅力を高めることが出来るのか ?

その為には少し視点を将来の方角へ。で、移ろう顧客の消費動向を知ることが重要で、次代を担う人々は何にお金を使い、何を節約するのか。何に集い、何を厭うのか。どの町に暮らしたがり、どの街を嫌うのか。理解が求められ。

町を愛し、スマートな街を創ろうと考える者にとっては知らない、では済まされない、先の顧客の購買行動について記された貴重な書。それが『 スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ― 』と捉えてソーシャルお節介を懲りもせず繰り返す私。僣越ながら「(P177) ソーシャルメディアで地方自治改革」には頷くばかり。「(P70) デトロイト宣言」冒頭の『多様性を歓迎し尊重しよう』に膝を痛打した。

本書をザッと流し読みするだけで、進むべく街の未来の方角がおぼろげながらも観えてくる。有難い一冊と感じた次第です。 動画を貼りました ( ・∀・)

[ YouTube DentsuYR2010 さん より配信されている PR動画 ]

以上、拙ブログが次代のまちづくりのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR戦略 > SpendShift > リンク
Copyright (C) 2008-2012 Town-PR. All Rights Reserved.

自転車でゆく名水百選。 おまちアクアガーデン、雄町の冷泉。 次代のスマート・サイクルを考える。

スマート・シティおかやま考察のページ

おまちアクアガーデン
岡山市コミュニティサイクル

2011年12月17日(土)。 寒風のなか颯爽と、毎週土曜のルーティンワーク。名水百選「雄町の冷泉」での汲水サイクリングを敢行。

その途中。観光案内ボード「出石ぶらり旅」の前で考え事しばし。瞑想の具は、新しい公共交通システムに関する社会実験 “ 岡山市コミュニティサイクル ” う〜ん、サービス提供の仕方(売り方、見せ方)が余りにもったいない…。

例えば食材を売る時。その素材を活かせば、こんなお料理ができますよ!とっても美味しくできますよ!! と、レシピ(トーク)で提案して販売するのが商売人。 最近では、レシピを添えて野菜を売る八百屋さんも珍しくはありません

さて。自転車を貸すとき、貸し出しの仕組み説明は大切だけど、まずは借りてみたくなる顧客の借りる動機に訴えなくては…。さらにツッコむなら、今この自転車を借りて颯爽と〇〇まで行ってみましょうよ♪ そんなキャッチで顧客の情動を揺らしてみなくっちゃ。見渡す限り、顧客満足は見当たらず……涙

先ほどの例え話のなかの、この材料で美味しい料理。という食材購入後のイメージと同様、美しい自然の風景や見応えのある観光名所へのサイクリング提案により、お客さまが自転車を借りた後の楽しい連想をして下さればしめたもの (^_-)-☆ よっしゃ、借りてみましょう☆彡 ディール!となるのです。

ボクは岡山市コミュニティサイクルは必要な社会実験だと感ずる一方で、民業が得意とするマーケティング(顧客の視点)の欠落が残念でなりません (-_-;) ちょっとのノウハウ交換、協業で、結果はガラリ変わることもある。

と、またもソーシャルお節介したくなりました。なんせ貸し場 02:岡山後楽園西側から名水百選 雄町の冷泉まで自転車で 30分。ほかにも提案ネタは尽きません。 貸し出し苦戦なら、ご検討も一興かと……。ドンマイ (´・ω・`) ノシ

岡山市コミュニテサイクル
[ 映像共有サービス世界的大手 flickr SunVerdir photostream の画像 ]

( 2011年12月17日〔土〕、スマートホン Xperia で撮影。 Google社が
無料提供しているデジタル写真管理ソフトウェア Picasa で編集した画像 )

以上、拙ブログがスマートシティづくりのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR戦略 > 雄町PR > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

アリオ倉敷、倉敷みらい公園、三井アウトレットパーク 倉敷。 近未来のスマート・シティを考える。

くらしきエリア探索リポートのページ


アリオ倉敷。 エントランス豊かな近未来の まちづくり

2011年11月26日〔土〕。 とり急ぎJR倉敷駅前 隣接のスマートシティを見学。 Arioアリオ倉敷)、MITSUI OUTLET PARK三井アウトレットパーク 倉敷)、その2つの商業施設を結ぶ市民公園、倉敷みらい公園を散策しばし。

まちづくりにおいて大切な視点は、子孫の笑顔。少し先の未来が明るくなるか、その先の社会が豊かであるか。そうしたイメージに基づく判断が大事と考えるボクは、この街を駆け巡り、なるほど「創発」を感ぜずにいられなかった。

グローバルレベルで俯瞰する、都の厳しい大市場を勝ち抜いてきた大手デベロッパーによる所業だから当たり前。というのは少々乱暴な表現ではあるが、メガ流通を含めて彼らの持つノウハウは極めて洗練されている。 “ 笑顔

そう。世界に先駆け賢い都市を創造してゆく事業者のコア・コンピタンスは、実は笑顔を創造するノウハウ、力。だとボクは考える。 自治体が豪華な箱物作れど、補助を振る舞えど、笑顔なき地域の再生、振興は難しくなる昨今。

そんな中、アリオ倉敷の歌うアイスクリーム屋さんで久々心の底から微笑んだ。ほんとに楽しい。 アイスが美味しい、ソングが愉快。というだけじゃなく、その笑顔を輝かせる若者達が明るい未来を紡いでくれる。そう直感させてくれたからに違いない。 笑顔は連鎖する。アリオ倉敷 〜 倉敷みらい公園 〜 三井アウトレットパーク 倉敷。そのエリアで見かけた笑顔の連鎖に可能性を覚えたり。

その笑顔は岡山駅前開発にも善い意味で連鎖するだろう。と確信し、嬉しくなりました。 多様なノウハウを吸収し、咀嚼し、自らの成長に活かしていくことがとても大切。 時間を見つけて倉敷へ、また学びに行こうと想います。


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているHD動画 ]

( 2011年11月26日〔土〕、EXILIM ZOOM EX-Z300で撮影。 (株) ロイロの編集ソフト、ロイロスコープ2〔製品版〕にて制作、投稿した動画 )

以上、拙ブログがスマートシティづくりのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR戦略 > 倉敷PR > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

コレド室町、ユイト。 東京・日本橋に学ぶ、まちづくり。

まちづくりノウハウをお伝えするページ

あっ晴れ!おかやま国文祭
「 歴史文化を伝える、まちづくり 」

2009年12月18日、“ 第25回 国民文化祭・おかやま2010 ” 国文祭PR をエントリーした次第。

お早いもので10カ月少々は瞬く間に過ぎ、開会式・オープニングフェスティバルを迎えることに。 そんな当日、まちづくりに孤軍奮闘する者の目に留まった、“ 東京・日本橋に新しい“街”ができる!? 「COREDO室町」「YUITO」の見どころ by 日経トレンディネット ”のWeb記事。 ご紹介せずにいられません。

注目すべき“まちづくりノウハウ”は大手民業2社、三井不動産による「COREDO室町」と野村不動産による「YUITO」が、街を活性化させるという目的において一致しながら、激しく競争を繰り広げる構図にあると考えた。

一方、地域再生の典型的な失敗パターンは、異国文化を中途半端に移植する、いわばレプリカ都市づくり。 なかには箱物も……涙 はてさて涙を拭いて、切磋琢磨する都会の街づくりに学ばなくてはなりません。

三井不動産の社長による「日本橋の歴史や伝統、文化を再生し、上海やシンガポール、ソウル、バンコクなどとのグローバルな都市間競争に勝ち抜くための象徴としたい。日本橋の再生が東京、そして日本の再生につながる」。 その力強い言葉を地方の、まちづくりの糧にしたいと存じます。


[ YouTube TOKYO MXさんのChannel より配信されているニュース動画 ]

以上、新しいまちづくりの参考になれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化 > まちづくりノウハウ > リンク
Copyright (C) 2008-2010 Town-PR. All Rights Reserved.

検索エンジンに紹介される地域ブランドで、まち元気。

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
TOPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

クラウドコンピューティング提案のページ

岡山駅前メインストリート「桃太郎大通り」 2008.12.1
「 地域を元気にする、まちづくりクラウド 」

まちづくりまちおこし。 平仮名表記で親和性を高め、地域を元気にする目的において、両者は一致。

地方活性化の鍵は、地域の魅力の認知が握る。 世界遺産に登録された宮島(厳島神社)、ミシュラン三つ星観光地に記された足立美術館の日本庭園、閉ざされた地方の扉をインターネットが開放し、世界中に認識される。

いずれも、地域ブランド構築の可能性を確信させる好例。

とはいえ紹介され、ブランド認知に至る過程には、地元有志による弛まぬ情報発信努力があったと推察すべき。 戦略コンサルタントに描かせた美しいブランドデザインを座視するだけで、地域ブランドが構築されたとは思わない。

郷土を愛する人々の想いが集約された理念の下、町への来訪者を真心でウェルカムするホスピタリティの習得はもとより、クラウドコンピューティングを熟知するWebリテラシーを備えた人財の存在を想起せずにはいられません。

デジタルコンテンツ創作能力の高低を含むデジタルデバイドの地域差により、繁栄する街、シャッター通り化する街に峻別される今、理念の創出から地域ブランド構築まで、優れたインターネットPR技術を以って地方活性化を先導できる、ホスピタリティ精神に満ち溢れた気概の人財の育成が急務とされる所以です。

そんなデジタルネィテイブが地域に一人いれば、しめたもの。

即戦力になる若手人財の登用が創発を促し、地域ブランドPRにおいて頼もしく作用し、グローバル広報による地域振興期待が高まって参ります。


「 コンテクストSEOで、まち元気 」

自然と歴史に育まれた地域の文化遺産や特産品は意外に多く。

なぜ地域の魅力として継承されたのか、その悠久の物語や由来を、コンテクスト SEO技術の応用によりストーリー性を加え、Webサイトから情報発信を行うと、検索エンジンは、驚くほど好意的に紹介してくれる。 しかも無償にて。

コンテクストSEO技術の効果仮説を検証するための試作ブログ『幸せへの一歩』は、1日1,000アクセスに到達するなど、親切な文脈SEOを以って高く評価され、検索エンジンから頻繁に紹介されるWebサイトに成長、メディア化に成功。

独自ドメイン(URL)を設定した当Webサイトの月額運営コストは、約340円。 低廉なネットPRツールが飛躍的にブランドPR効果を高める事例提示により、将来的に有効な地域ブランド構築ノウハウをお示しできたと、嬉しく思います。

仏作って魂入れず。 時間とコストを惜しまず作った地域ブランドも、郷土愛が入らなければ、只の箱物。 地域を愛する人々による、検索エンジンに紹介される地域ブランドPRで、まち元気。 ネットPRの実践をお勧めする次第です。

“すべての地域を元気にしたく”  ブランドアドバイザー 菅野敦也


TOP > サイトマップ > 地域ブランドPR > ネットPRノウハウ > リンク
Copyright (C) 2008-2009 Town-PR. All Rights Reserved.

まちづくりPRネット、グランドオープンのお知らせ。

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
TOPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

WebグランドオープンPR、ニュースリリースのページ


「 地域振興の活力を手に入れる 」

2009年4月1日、全国18番目となる岡山市政令指定都市移行を契機に、ブランド構築コンサルティングファームのサンベルディエールは、インターネット広報技術を世界に伝えるWebサイト、『まちづくりPRネット』をグランドオープン致します。 ビジネスブログ利活用によるネットPRを中心に、ホスピタリティ産業としての“まちづくり”に欠かせない理念の創出と、Webリテラシー習得ノウハウを伝達して参ります。

当Webサイトは、デジタルコンテンツ創作能力の地域差を含むデジタルデバイドの解消を目指し、地方活性化を実現するインターネットPR技術の浸透を目的に開設。 ネットPR技術の移譲に加え、サンベルディエールが実践を通して培った動画PR技術を習得頂くためのカテゴリー、「YouTube動画PR」を実装しています。

体験学習型カテゴリー「YouTube動画PR」は、自作動画による観光PRと、共有動画利活用による地域イベントPRの成果物を収蔵。 加えて、検索エンジンに高く評価されるためのコンテクスト SEO技術に関するWebページや、無料のニュースリリースWebサイト等への紹介リンクを設置したスペースもご用意しています。

また、月額運営コスト数百円のビジネスブログに秘められた驚愕の広報効果をお示しするために開設した試作ブログ『幸せへの一歩』は、1日1,000アクセスを記録するなど、ネットPRを強力に推進するWebサイトのメディア化に成功。 ネットPR効果に関する仮説の検証と、実践に基づくノウハウ伝授も特筆すべき特長。

具体的に、当Webサイト『まちづくりPRネット』の月額運営コストは、約340円。 インターネットPRリテラシーの高い人財育成を行うことで、強い地域ブランドの構築が可能となり、地方活性化に大きく貢献できるものと確信しております。

地域振興の仮説を立て、実践により検証される活きたコンテンツ創作技術を継承し、PRノウハウ伝播に努めて参ります。  WebMaster 菅野敦也


TOP > サイトマップ > 最新情報 > Webグランドオープン > リンク
Copyright (C) 2008-2009 Town-PR. All Rights Reserved.

「まちづくり」の想いを理念に ( ネットPRノウハウ 1/3 )

ブログネタ
『 まちづくりPRネット 』 に参加中!
TOP|ネットPR|動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

地方活性化のための実践ノウハウ 1ページ


「 遠い子孫へのメッセージ 」

活性化。 地方活性化とは、眠れる地方の資源に刺激を与え、活力ある地域を創出すること。 まちおこし。 行政と住民のコンセンサスを図り、都市を機能的に集積させたり、文化的なコミュニティに進化させるなど、最近は、主体性を押し出す性格の強い、まちづくりが積極的に使われている感じが致します。

それらの概念はさておき、その目的は何で、誰の為なのか。

高度に成熟した現代社会において、まちづくりの目的は、将来的に持続可能な地域の創出にあり、遠い子孫の幸福の為。 このようなコンテクストを以って、グローバル視点の共感を得られると思います。 今日一日は、明日の為に。

貴方と私の為のみならず、より多くの人々と、遥か先の子孫の幸せを考える。 目先の利害得失に動揺しない、ましてや既得権を振り回すことなく、唯ひたすら先の繁栄を考え判断、実行すること。 まちづくり成功の秘訣と存じます。

まちづくりに際し、目的の確認と合意形成に、ご尽力願います。
 

「 地域振興の目的(想い)を理念に埋入 」

そうして、ステークホルダーのコンセンサスを得た“まちづくり”の目的は、目眩がするほど高邁な理想に昇華しているのではないでしょうか。 その理想を世に広く伝える為の、理念づくりを始めましょう。 標語、モットー、スローガン

貴方の地域や町へ初めて訪れる人の深層に瞬時に刻まれ、共感を得られるコンテクストなら、どれでもOK。 長過ぎず、リズミカルにて、明朗の。 と、五七五の俳句調は、日本の定番ですよね。 ― 街の元気は、笑顔から ―

( 当Webサイト『まちづくりPRネット』の運営理念は、― すべての地域を元気にしたい ―。 あわせて『サンベルディエールの理念』もご紹介。 )

あらためて、まちづくり理念は、地域住民の合意形成の旗印で、来訪者への歓迎の辞であり、世界へと発信されるマニフェスト。 同時に、町を愛する人々の想いと歩みを、遥かなる遠い子孫に贈るメッセージでもあるのです。

24時間365日、世界の反対側まで、時と場所を選ばない広報手段がネットPR。 まちづくり理念は、時空を超えて届くことでしょう。 ( 参考の書 『ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書)』 by Amazon. )

美しい理念が陶冶されましたら、次ページ(2/3)へ。


TOP > サイトマップ > ネットPR 1/3 > 2/3 > 3/3 > 動画PR
Copyright (C) 2008-2009 Town-PR. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    このブログの記事を検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ